ペーパーノイズ/paper noise

ペーパーノイズとは、楽譜や台本などをめくる際の音がマイクに入り込むこと。

楽譜などは譜面台に置けば良いのだが、アフレコやナレーションなどの場合は、

基本的に台本を見ながら収録が進みます。

 

1人での収録、掛け合いなどパターンは様々ですが、このページをめくるシャッという音は、

声と被ってしまう場合、リテイク(録り直し)となってしまいます。

 

また台本をめくる以外にも、台本を持った手が震えたり、衣服とこすれてしまったり、

自分にしか聞こえないと思っても、マイクはかなり小さな音でも拾っているものです。

台本の持ち方や立ち位置などを注意し、なるべく音が出ないようにしましょう。

 

また、台本を準備する側も、なるべくひと繋のセリフなどがページをまたがないように、

声優、ナレーターに対して考慮して作成することをおすすめします。