SHURE BATA58A

SHURE BATA58A/しゅあー べーたーごーはちえー

81j6r+B2mcL._SL1500_

価格の比較にジャンプ

ライブやコンサートで高いパフォーマンスを放つボーカル用マイク

SHURE(シュアー)社製のBETAシリーズを代表するBETA 58A。プロ仕様のダイナミック型マイクロフォンです。SM58Aの上位マイクであり、スーパーカーディオイドのため、他の音源との被りを極力抑えることが可能です。

 

SHURE社の上位機種BETAシリーズ

813N6N+pSPL._SL1500_

SHUREのBETAシリーズは、SMシリーズと共にライブ等の現場で広く活躍しているマイクです。SMシリーズとの違いは、スーパーカーディオイド指向特性(BETA58A,57A,87A,52A)、より高い感度が特徴です。

 

スーパーカーディオイドでハウリング防止

shure_beta58af

スーパーカーディオイド(超単一指向性)を搭載しています。 スーパーカーディオイド特性は、一般的なカーディオイド(単一指向性)と比較してより、真正面での音に対してスムーズな周波数特性を持続します。これにより、周囲の環境音を拾いにくく、ハウリングなども減らすことが可能です。よくライブハウスなどでボーカルが声が小さいためゲインを上げる→ハウリング。。。ボーカルが移動(マイクの向き)→ハウリング。。。が起きてしまいますが、よりピンポイントな指向性であり、また高いゲインのため、ライブには最適なマイクと言えるのではないでしょうか。

 

ダイナミック型なので耐久性がよくライブ向き

ダイナミック型のため、音圧、衝撃にも強く、非常に扱いやすいです。外の現場でも大活躍なマイクです。

 

ボーカルを考慮して作られた、こもりにくく明瞭なマイク

周波数特性ですが、中音域と低温域がなだらかにロールオフ、ハイ上がりであり、ボーカル用にデザインされています。また、カードリッジにはネオジム・マグネットを用いて、大きな出力と優れたS/Nとなっています。ダイナミック型でのダイナミックマイクはこもりがちなものが多いですが、ハイ上がりな特徴により、明瞭感がでています。ただしキンキン声のボーカルにはハイが上がり過ぎてしまう可能性がありますので、そういった方は、SM58をおすすめします。

 

レコーディングでは、トークバックやドラムの皮ものにも可

 BETA58は扱いやすさと超単一な指向性から、レコーディングの現場ではトークバックによく用いられています。まぁトークバックは実際収録されないので、何だって良いとも思ってしまいますが、例えば、スピーカーを返しに用いる場合などには便利ですね。その他、コンデンサーマイクやアンビなどで拾えない場合のトークバックなどなど。

また、ドラムのスネアやタムなどの、いわゆる皮ものに使用する方もいますね。BETAシリーズのスーパーカーディオイドを用いたピンポイントさ、ハイ上がりのスカッとした気持ちのよい周波数特性から、採用されることも多くあります。キックのハイ成分としてBETAシリーズで収録するエンジニアも多くいます。BETA57,91A,52Aあたりなどが人気です。

 

SM58との見分け方・違い

SM58の上位機種ですので、見た目は非常に似ています。BETAシリーズ特有のマイクホルダーの青いラインで見分けられます。SM58よりもこもりが少なく明瞭感があり、ハウりにくい、環境ノイズなども拾いにくくなっています。値段は多少違いがでますが、全体的にかなりコストパフォーマンスが良いマイクとなっています。

世の中で「ごっぱー」と呼ばれるマイクは多くがSM58を指します。BETA58Aの場合は「ごっぱーのべーた持ってきて」といった形で呼ばれることが多いです。

 

仕様

形式 ダイナミック型
指向性 スーパーカーディオイド
周波数特性 50Hz-16kHz
インピーダンス 150Ω 
開回路感度 -51.5dB re 1V/Pa
コネクター XLR3ピン(金メッキ)
寸法 164mm 
重量 278g

価格の比較はこちら

shure_beta58af